So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

走り続けて自分と出会う。 [BMW R100R Mystic]

Forest_scheme.jpg
1018へぎそば、.JPG
毎年この時期になると連れ出してもらう10年来のオートバイ仲間と一緒に
今年も秋の「慰安旅行」に出掛けてきた。
ここ数年、年間走行距離が短くなる一方のワタクシに気遣ってくれてのことか、
今回は2泊で距離もたっぷり。走り甲斐のある旅になりそうだ。

いつものように関東と中部からワタクシの住処の信州に仲間たちが集まってきてくれて
しかも集合場所にも先に来て待っていてくれるという...
持つべきものは信頼できる友人、ということを今更ながら思いつつ出発。

上信越道を中野まで進み、以前に何度か通った国道117号線で十日町から小千谷に抜けて
ラスカルさんがいつものように下調べしておいてくれた店で
この土地ならではの「へぎそば」をいただく。

1018からし、.JPG
昼下がり、丁度テレビでも紹介された直後だったらしく繁盛している店で
3人前の桶と旬の茸の天麩羅を。
薬味に和からしが添えられているのが独特で、
試してみると、なんというか乾いた辛さ。
意外にへぎそばのつるりとした味わいに合うものだな、と思った。

1018たまには雨も。.JPG
長雨続きだった天気もこの週は一転して晴天の予報。
雨具を珍しく積んで来てはみたものの、それはあくまでお守り的な心の準備で...
などと甘いことを考えていたら、奥只見に突入するあたりで何度かしっかりとした雨に弄ばれた。

諦めてしっかりと雨具を着る二人を横目で見ながら、
「これは通り雨なのだ、予報では雨ではないはずなのだ」と呪文のように唱えながら走っていると
そのうちに身体に当る雨は止み、しっとりと濡れた路面を慎重にやり過ごしながら夜の山道へ。

南会津の標識を目にしてからが結構な距離で、
一体この山道はいつまで続くのだろう...と思いを巡らせているうちに
初日の目的地、羽鳥湖高原「レジーナの森」に到着。


1018焼きそば担当、.JPG
コテージの裏手の庭にはタープが張られて、その下では炭火が起こしてあり
あとは用意された食材を焼いて食べるだけ、という素晴らしい設定。

普段は料理長にお任せのワタクシも、たまには...ということで
肉を焼いたり焼きそばを炒めたりして。

1018木の実と私。.JPG
しっかり満腹になった後は、暗くてほとんど見えない湖面が意外に近そうだなぁ...
などと考えながら、木の実を齧って過ごす。

小振りなステンレスのボトルは、"klean kanteen"のキッズサイズのもの。
ウィスキーを入れて持ち歩くには素晴らしく適しているのだ。

しっかり走って、濃い目のアルコールを摂取した後は
いつものように鈍器で殴られたかのような急激な眠気が襲ってきて
気が付くと朝になっていた。

1019目覚めて最初の風景。.JPG
誰よりも早くベッドから抜け出すと、なんとも素敵な景色。


1019朝の風景、.JPG

1019いいところ。.jpg
しばらくするとYASHさんも起きだしてきて
きりりとした早朝の空気を静かに味わって。


1019秋色。.JPG


1019さて、行きますか。.JPG
昨晩入り逃した温泉にしっかり浸かり、品揃え豊富なバイキング形式の朝食を食べて、荷物をまとめて。
さて、行きますか。


1019金谷さん、.JPG
南会津から鬼怒川温泉を抜け、日光に向かって南下して
混雑する日光市内は有料道路でやり過ごして、中禅寺湖畔へ。

ラスカルさんと知り合って最初に一緒に出掛けたのが日光で、
その時にはCL400で来て、ここ「中禅寺金谷ホテル・ユーコン」でカレーを食べたのだった。

追記:カレーを食べた割にはどんなカレーだっか記憶がないなぁ...なんて思っていたら
ラスカルさんの11年前の記事を読み返してみたら食べたのは茸のペンネだったことを発見(笑)
そう言われてようやくその時の味を想い出した。

1019カレー!.JPG
今回はチキン・カレー、YASHさんからビーフ・カレーも一口貰って味比べ。
柔らかい甘口のカレーで、ほっとする味わい。


1020硫黄の香り。.JPG
気持ちの良い昼食の後は、予定よりも時間が過ぎていることを気にしながら
沼田を抜けて吾妻線沿いに走っているうちにすっかり夜に。
霧も出て思い切り視界の悪い万座ハイウェイを
ラスカルさんのR1200RTに装備された増設LEDドライビング・ライトで照らして先導してもらって
少しぐったりした頃に万座温泉の宿に到着。ふう。

この日の宿「万座ホテル聚楽」は、ちょうど1年前に泊った宇奈月温泉の宿を想い出させるような
少し古風な「ああ温泉旅行に来たんだなぁ...」と感じさせてくれる宿だった。
こういうタイムマシンで時間を遡るような感じ、個人的には好きだ。


1020温泉卵。.JPG
夕食の後は再び鈍器で殴られた状態となり、翌朝は誰よりも早く起きて...を繰り返す。
5時半に起きたいな、と思って目が覚めたのが5時29分。
かなり体内時計の精度が上がっている。

硫黄の湯に使って不思議な文様の浮き出た温泉卵を味わって
いよいよ最終日。


1020かりんと屋さん。.JPG
草津「湯あがりかりんと」前にて 撮影:YASHさん

時間規制で昨夜は通れなかった万座~草津ルートの絶景と強風を愉しんでから
妻のリクエストのかりんとう屋さんに立ち寄らせてもらって、お買いもの。


1020再びの快晴。.JPG
この日も絵にかいたような快晴、気温も上がって軽い装備でも快適だった。
YASHさんの先導で嬬恋パノラマラインを通り、小諸~佐久と下って行く。


1020角度が.....jpg
ちょっと北海道を思わせるような開けた景色が続く中、
動画カメラを試してみようと取り出したのは良かったのだけれども
久しぶりに使おうとしたら、角度を合わせるのをすっかり忘れて、こんな映像に(笑

それでも風切り音対策の効果はしっかり確認できたので、良しとしよう。そうしよう。


1020秋の陽射し。.JPG
佐久で期待以上に美味しい蕎麦屋に飛び込んだ後は
この時期にしては暖かい12℃の表示の麦草峠を越え、
蓼科から茅野へ抜けて、まだ明るい午後の時間に諏訪南I.C.で解散。
みんな、またね。


1020帰宅。.JPG
燃料タンク容量の大きなRTには敵わないのは承知していたけれども
ずっとスリムに見えるYASHさんのTDM900よりも航続距離が短いということに
軽いショックを受けながら道中3回目の給油をして、夕方のうちに我が家に帰着。
ふう。

行程は900kmと少し、まずは無事で何より。
その晩から、あまり体験したことのない種類の全身筋肉痛に襲われたのは、内諸。


☆☆☆


1020雨さえ降らなければ、.JPG
この春に手に入れたTCX製の革ブーツ"X-Garage"は、商品説明通りの出来でとても軽く、
防水性と引き換えに通気性に優れていて、今回のような旅にはとても似合っていた。


依頼品。.JPG
かりんとうの他の妻の依頼品、「地元の人が普通に買っていそうな素朴なお味噌」と
「見たことがない種類の素朴なご飯のお伴」は、ほぼ完璧(笑)なものが手に入った。


1020既に思い出。.JPG
2016年10月の集合写真 撮影:YASHさん

強烈な全身筋肉痛も、ふた晩ほど湯船に浸かって身体を伸ばしているうちに
週末にはもう気にならないほどに回復。

自分にとって、仲間とオートバイで出掛ける旅は本当に貴重な時間だ。
単に移動しているというだけでなく、オートバイという乗り物を操りながら
意味のないことやとりとめのないことをいろいろと考える時間でもある。

今回は、夜になって漆黒の中から浮かび上がるカーブを繰り返し過ぎるうちに
「自分はいったい何をしているのだろう」とか
「もう少し傾けたらもっと楽に曲がれるはずなのに、なぜ思ったように体が動かないんだろう」
というようなことを何度となく考えていた。
自分にできること、自分の意志で自由に動かせると思っていたものが
歳を経るとともに少しずつ損なわれていくのだという事を
暗闇の中で車体を傾けながら感じるようになってきたのだ。

それでも、難しいことや辛いことは意外にすぐに忘れてしまう。
愉しかったことは、いろいろな場面で想い出すことができる。
そういう欠片のようなものが、また少し手元に溜まったような気がして
ほのかに充実感のある旅だったのでした。

めでたしめでたし。

★★★

今回の初日のルートは、以前に一人で奥只見に出掛けた時に走った道と重なっていたはずなのですが 10年前の記事を見返してみると本当に同じ道を走っていたことが分かって、なんだか不思議な気分でした。 ミッレミリアの集団に遭遇したのはレジーナの森への分岐の交差点だったんですね。


旅の夢想。 [のりものいろいろ]

Forest_scheme.jpg
具合は良いんだけど。.JPG
こちらではすっかりご無沙汰してしまいましたが、
おかげさまで我々は相変わらず淡々と平和に過ごしております。
苦手な夏もようやく過ぎ去ろうとしていて、肌に触れる空気はすでに秋。
この季節が来ることをどれだけ待ち望んでいたことか。

今年は、2年に一度の車検集中の年。
冬にクルマも替えてしまったおかげで、1月末にルノー、9月にオリバー君=R100R Mystic、
そして10月には銀馬号=CL400と続く。
年々自分のマシンに乗る時間が少なくなり、本当に2年間手間を掛けて
動態保存しているような状態ではあるのだけれども、
どのマシンも、たまに乗った時の新鮮な感覚を味わってしまうと
手放そうか、などという気が全くおきない。



ようやく。.JPG
オリバー君は前回の車検からわずかに900kmしか距離が伸びていなかった。
検査場から出て、我が家に着く手前で36,000kmの表示に。
穏やかな印象ではあるけれども、十分にパワーもあり、メリハリのある走りもできるという点では
本当に万能なマシンだとあらためて思う。
この子の代わりは....やっぱりないのだ。


整理整頓!.JPG
乗る時間が減ったのは、年を経るにつれて
本当に乗りたい気分と万全の体調とそこそこの天気とがちゃんと揃わないと
乗らないことにしたせいでもある。
乗らなくても、乗り物と過ごす時間を愉しむことはいくらでもできる。

そんな時間をもう少ししっかり取れるようにしようと思い、
この夏は車庫のあちこちに散らばっている工具類も、ラック的なものを造って整理してみた。
使いたい道具が何処にあるかがすぐ分かって手に取れる、というのはなかなか良い気分だ。


横浜にて。.JPG
仕事で遠出をする時は、もっぱらペコちゃん=ちょっと古いルノーで・。
このクルマは小振りな車体からは想像する以上に長距離の移動が快適で
これまで以上に遠くに出掛けることが愉しみになってきた。


採れ過ぎ(笑)。.JPG
雨の多い夏だったけれども、そのおかげなのか、妻が育てている野菜の収穫量はかなりのものに。
茄子やきゅうり、ピーマンなどは夏の間は買わなくて済むほど。

今年、はじめて採れたのはゴーヤ。
葡萄も一房だけは採れて、自家製とは思えないほどしっかりと濃い甘さだった。


こんなに旨いものだったとは。.JPG
新鮮な発見は、自家製のゴーヤで作ってもらったチャンプルーの旨さだった。
苦味もくっきりとしているのだけれども、なんとも言えないさわやかな印象で
さっくりとした歯切れの良さも気持ちがよかった。
沖縄の人が沢山食べている理由が初めて素直に理解できた。

と、夏を振り返っているうちに、秋に向けた準備もしておかないと。


次はこの子。.JPG
というわけで、近々にこの子も車検場に持ち込む予定。
久々に革のサドルバッグを外してみると、発売した頃の印象通りの軽快さ。
もうすぐ21世紀という時期にセル・スターターも付けずに商品化したのは英断だったと思う。
ここ1、2年、"Scrambler"というコンセプトが再び見直されているけれども
この子はそのコンセプト通り、道を選ばず何処へでも行けるマシンなのだ。

いずれ仕事の仕方に少し余裕ができたら
何の約束も作らず、最小限の荷物と予定だけを準備して、
この子で旅に出てみようと思う。
さて、いつになることやら....


★忘れないようにメモ:Cagiva Cucciolo エンジンオイル交換、Fuchs Hyper TITAN 5W-40 26,000km / R100R Mystic エンジンオイル交換、鉱物油20W-50+20W-60混合、バッテリーGS-Yuasa製に交換35,950km / CL400 エンジンオイル交換、MVX500 59,250km

Cagiva Cucciolo 125に乗っている奇特な方へ。 [Cagiva Cucciolo]

Forest_scheme.jpg
●何かのご縁があってこのサイトに辿り着いたCagiva Cucciolo125に乗る方のための
 交換可能部品リストです。

★エンジン及び駆動系の部品に関してはPiaggio製・2000年頃までに生産された
 空冷125cc用のものが使えます。

 ・同系統のエンジン及び駆動系をもった車種の例;
  Piaggio Liberty 125 ~2000
  Italjet Torpedo 125
  Aprilia Mojito 125, Havana 125

 ・エンジン関係がほぼ共通なもの(=駆動系はスイングアーム長が異なるため共用不可)
  Vespa ET4 125 ~2000 (LEADERエンジンに代わる以前のもの)

  
 ※一般的には、その後の世代のエンジンと区別するために「LEADER以前」と呼称される場合が多いです。

 ※LEADERエンジンと呼ばれる世代(2000年頃~)以降のものは、以下の点で外観からも区別できます。
  ・クランクケース左側のオイル点検窓が廃止されている
  ・オイルフィルターがカートリッジ式になり、右側に装着される


★部品に関してはいくつか入手可能な通販サイトがありますが
 下記のお店は圧倒的に商品構成が豊かで、価格や発送などのサービス全般も良心的です。
 宇賀神商会さん

 ●宇賀神商会さん取扱品:主な消耗品リスト
  ・オイルフィルター
  ・ドレインボルト
  ・ドレインボルト用Oリング
  ・インテーク・マニフォールド
  ・ドライブベルト
   ※このドライブベルト商品ページに「カジバ クッチョロ不可」と記載がありますが
    当サイトで品番を見て注文したクッチョロ乗りの方が「すぐに切れた」とクレームを入れたため
    念のためこのように記載しているとのことです。
    上記の通り駆動系はPiaggio製OEMですので、ベルトも問題なく使用できます。


いずれにしても、部品は入手できても整備作業はある程度ご自身でやってみるつもりで
お考えいただいた方が良いかと思います。お互いに頑張りましょう。


☆☆☆


交換したい箇所.jpg
今回(2016/06/22)交換した部品類がこちら。

 ①ひび割れを補修テープで巻いてごまかしているインテーク・マニフォールド
 ②17年間交換されていないガソリンホース
 ③同じく無交換の負圧ホース
 ④錆が酷く固着している様子のブローバイホースのクランプ


交換したもの.jpg
左:3年前に巻いた補修テープを剥がしてみると、思った以上にひび割れが酷くなっていたマニフォールド

右:燃料ホースはまだ弾力があったけれどもクランプが喰い込んで変形していた


交換後.jpg
交換後の様子。こういう部分を新品に換えると、かなり気分が良いものです(笑


負圧コック周辺.jpg
このスクーターの良い点は、空冷で造りがシンプルなことと、キャブ車なので
よく故障原因になりやすい燃料ポンプなどという無粋なものを使っていないこと。

燃料コックの役目をする「負圧コック」という部品はなかなか工夫された面白い部品で、
マニフォールドにつながった負圧ホースを通じて負圧(吸引圧)が掛かると
弁が動いてガソリンが送られる、というもの。
このコック自体が壊れることもあるらしいけど(笑



パン屋さん巡りには最適。.jpg
音が静かで燃費も良く、大きめなタイアのおかげで乗り心地もなかなか。
ちょっとそこまで買い物に....などという時に、これほどストレスの無い乗り物は
そうそう見つからないような気がします。

どうか長く楽しめますように。




しばらくお待ちください...その6。 [分類できません]

Forest_scheme.jpg
やあ!.jpg

わーん、なんだか時間が足りなくなってきちゃった。
1日を48時間にしてよ、ドラえもん....


なんてね。
忙しい時は忙しく。頑張ろうっと。

軽さは美徳、の巻。 [Riding Gear]

Forest_scheme.jpg
ようやく始動。.JPG
年明けに何かの設定を間違えたかのような20℃近い暖かな日がほんの数日あった後は
順調にいつもの冬がやってきて、オートバイを引きずり出したのはようやく3月に入ってから。
月の初めに松本市街に出掛ける用事があったので、久々に仔犬号で向かってみた。
去年の秋に駆動系の整備をしたばかりなので、至って滑らかで快調そのもの。
用事を済ませた後、北アルプスを見渡す公園を通って帰ってきた。
駐車場の無い場所に出掛ける時には、この大きさの乗り物は本当に便利だ。


3月だけど。.JPG
その後も暖かくなったかと思えばまたしっかり雪の日もあり
三寒四温とはよく言ったものだなぁ、などと思いつつもなかなかオートバイの出番はなく。


なんとかしたい、その1..JPG
期待以上に快適で日々の足として何の問題もなく動いてくれているペコちゃん。
手に入れた時から気になっている部分を少しずつ直している。

何故か付け根のカバーだけ無くなっているリア・ワイパーもその一つ。


1000円なら。.png
カバーだけでも手に入れば、と探してみると、意外にカバーだけという部品は見つからない。
画像検索から探していくと、どうも中国の巨大通販企業Alibabaでは
ルノー用のリア・ワイパー一式なんていうものも驚くほど大量に出品されている様子。
それだけ製造者がいる、ということなのだろうけれども、価格も冗談のように安い。

写真だけでは判断しづらいのを気にしつつ、
送料込みで1,000円程度で手に入るのなら実験と思って試してみた。


カバーだけでも。.JPG
数日後に届いたものは、見た目はかなりきちんとした商品だった。
アームとワイパー・ブレードは予備に取っておくことにして、カバーだけ装着。
うむ、ちゃんと使える。


風化。.JPG
もう一箇所、エアコンの配管がエンジン・ルームのバルク・ヘッドを貫通する部分の
断熱材のスポンジが劣化してボロボロになってるのも、早めになんとかしておくことに。

高温になるエンジン・ルームから鉄板を一枚隔てた向こう側にユニットがあるので
この部分の断熱がしっかりしていないとエアコンの効きが極端に悪くなるらしい。


しっかり断熱。.jpg
完全に風化して、触ると粉になってしまうスポンジを取り去り、
厚手の包帯のような耐熱テープを配管にしっかり巻いてから、
アルミ製の断熱テープで隙間を埋めるように成形しながら貼り込んでみた。
しばらくはこれで大丈夫、かな。

なんていうことをしているうちに、3月も残り少なくなってきた。


先週のこと。.JPG
先週の休み、午後からは天気が崩れるという予報を聞いて、昼前からオリバー君を引っ張り出す。
空気圧を確認して、小一時間ほどいつもの好きな道を辿りながら
ほとんど誰も走っていない見通しの良い直線では少し回転を高めに保って
燃焼室のカーボンを飛ばすようなつもりで。


2台まとめて。.JPG
車庫があいているうちに、銀馬号もメンテナンス・スタンドから下ろしてエンジンを掛けておいた。
キャブレターのフロート室のガソリンを使い切って、コックも閉じて保管しておいたおかげか
約4ヶ月半振りにエンジンを掛けるわりには何の苦労もなく、
数回の空キック後の1回目のキックで始動できた。
アイドリング時のメカ・ノイズもほとんどなく、機械的にはかなり良い健康状態だと思う。


いざ出撃。.JPG
そして、今日。
ラルフ君=R nineTは正月の妙に暖かい日にほんの少し走った以来、ほぼ3ヶ月ぶり。
去年の夏の終りにハンドルをR1200R用のものに換え、
その時に併用していた20mmアップのハンドル・スぺーサーは秋の終りに外したので
ノーマルのハンドルとの違いは、主に幅の狭さとグリップの絞り角度だけになっている。
でも、幅が約5cm狭くなって、手前に自然に絞った角度になったおかげで
乗り味は劇的に快適になった。


焼けてきた。.JPG
オドメーターはいまだに2,000kmにも届いていない。
でも、このマシンに跨ると、距離を稼がなくても、たとえほんの1時間であっても
濃厚なライディングの愉しさに浸ることができる。
その点では我が家の他の3台とはかなり毛色の違う機械だ。
エキゾースト・パイプの付け根は、かなり綺麗な焼け色になってきた。

そして、今日は新しいブーツの試運転も兼ねていた。


軽さが何より。.JPG
TCX製の"X-GARAGE Boots"というもの。
自分にしては珍しく、黒ではない色のブーツが欲しくなったのだ。


TCX247.png
ここ数年、オートバイ自体もScramblerが人気のジャンルになってきたり
何かにつけて「ライフスタイルが云々....」といった触れ込みで登場する商品が増えてきた。
もう機能の面では十分以上に進化が進んで、これからは多様化の時代ということなのだろう。
ブーツも、ほかのウェア類と同じように、機能はある程度持たせた上で
多種多様なデザインが増えてきたのは喜ばしい限り。

TCXの"24/7"という新しいシリーズの広告イメージにはR nineTも登場する。
確かにこのマシンにハイテク満載の現代的な靴はちょっと似合わない。


迷ったけれども。.png
このシリーズには本革製のミドル・カットのブーツが2種類あり
左の"X-BLEND"というソールに段差のあるアウトドア風のものも良いなあと思ったけれども
右の"X-GARAGE"のシンプルなスタイルとフラットなソールが気に入った。
こちらは防水性は無く、内装は"Air Mesh Breathable"と書かれている。
おそらくこちらの方が重量は軽いのではないだろうか。
本革製であっても、重厚過ぎない軽いブーツが欲しいと思っていたのだ。



BootsGOLDWIN.jpg
しっかりとした防水性のあるブーツとしてはGOLDWIN製(写真右)のものを持っているし
その前に手に入れたDIADORA製のものはタイトな造りで操作性に優れている。



BootsHarold'sGear.jpg
それらとは少し違うクラシカルなものを、と思って手に入れたHarold's Gear製のブーツは
革の質も良くてとても気に入っているのだけれども、丈がほんの少し低めで
ソールもあまりにもがっちりとしているので柔軟性には欠ける。



tcx-x-garage.jpg
海外サイトでの評価を見ると(こことかこちら)、
「軽さと通気性、機能のバランスに優れた毎日でも履ける革ブーツ」という
なかなか良い評価を受けているようだった。
まさに今ワタクシが欲しかったブーツそのものではないか。



もう届いた。.JPG
先週の休みの晩にドイツの通販サイトで購入ボタンを押し、
驚いたことに中三日後の日曜の昼過ぎに信州の片田舎に荷物が届いてしまった。
しかもドイツからの送料は2,500円も掛かっていない。何とも素敵な世の中だ。

期待した通り、見た目とは裏腹にとても軽いブーツ。
新しいブーツにありがちな、爪先がどこまであるかが分からないような違和感もなく
乗り始めてすぐにこれは使いやすいブーツだと実感できた。


オイルの香り。.JPG
埃と虫の死骸などを綺麗に拭き取ってマシンを車庫にしまってから
履いたままの新しいブーツにミンク・オイルをゆっくり塗り込んでみた。
"Vintage look"と称する、初めから古びたような雰囲気も捨てがたいのだけれども
本革なのだから少しは脂っ気を持たせておきたい。

指の腹で塗り込んだオイルを隅々まで押し込むようにブラシで磨き、
明日になったら余分なオイルを拭き取っておくことにしよう。
足取りが軽くなって気分も上々、なのでありました。

前の5件 | -