So-net無料ブログ作成
検索選択

始まりはまたしても富士。 [景色]

MtFujiScheme.jpg
1231夜明け前。.JPG
12月28日で仕事も無事に一区切り、本当に何もしない休みを挟んで30日に東に向かって家を出た。
これまで年末年始は伊豆経由やいろいろなルートを通ってみたけれども
今回は移動の時間を少なめにして、泊ったことのない富士山近くの宿で
のんびりと富士を眺めて過ごすことに。

クルマで移動するので、宿周辺で買い物などできなくてもなんとかなる。
できれば静かな場所がいいなぁ...と、地図の上では本当に周りに何もなさそうな
富士ヶ嶺にある「富士クラシックホテル」を選んでみた。
甲府盆地で夕食を済ませて、到着したのはすっかり日が暮れてから。


1230オリオン.JPG
以前は第一ホテルという名前だったらしいこの宿、適度に古びた感じと
効率最優先ではないのんびりと落ち着いた雰囲気があって、とても気に入った。

部屋を少し暗くして南に向いているらしい窓から外を見上げてみると
満天の星空が広がっていた。オリオン座がくっきり。


1231富士からご来光.JPG
あけて大晦日、辺りがうっすらと明るくなった頃に
富士の南寄りの斜面から朝日が。


1231クラシックな朝食。.JPG
朝食を摂りにレストランに行くと、人はそれなりに大勢いるのに不思議と静かな景色。
テーブルはしっかり埋まっているのだけれども、騒がしくないのだ。
子供連れの家族も多少見かけたけれども、意味なくドタドタと走りまわる子供もいない。
どのテーブルも静かに食事と景色を愉しんでいる様子で
我々もほっとしてゆっくりと過ごした。

そうそう、ホテルというのはこういうものだった、と
少し新鮮な嬉しさだった。


1231クラシックな朝食、その2。.JPG
いわゆるバイキング形式だったけれども、それぞれの食材自体もとても美味しかった。
上の写真の丸いパンに添えられているのは、「自家製のみかんジャム」というもの。
マーマレードではなく、温州ミカンを柔らかく煮てピューレにしたような自然な甘さ。
ハムも美味しかったなぁ。

ということで、機会があればまたこの宿に泊ろうと思っている。

0131山頂。.JPG
急ぐ理由は何もないので、目前にそびえる富士をしばらく眺めてから、出発。
この日も雲がほとんどない濃い青空。


1231本栖湖にて。.JPG
宿を出てしばらく、鳴沢村でいつもの国道139号線に合流するまでは
青木ヶ原の深い森の中を走る。
途中、西に向かって本栖湖を見渡す展望台からはその先の南アルプスもくっきりと。


1231河口湖.JPG

1231山中湖にて。.JPG
河口湖辺りではちょうど陽を背にして逆光の富士、
山中湖畔まで回ってくると南からの陽を受けた姿を裾野まで眺めることができた。

十分満足して、久々の「道志みち」で多摩方面に向かい
寄り道を楽しみながら夕方には実家へ。


☆☆☆


0101お雑煮。.JPG

0101お土産。.JPG
10年前の我々と、その時に英国で買ってきたお土産。


0101八幡様。.JPG
母は元気そうで、一安心。
我が家のTVを少し大きなものに買い換えたので
これまで使っていたものをクルマに積んできて配線を繋ぎ直し、
紅白歌合戦~ゆく年くる年はこれまでよりもかなり大きな画面で。

「今年はおせちも宅配の素材を詰めるだけにして、あんまり無理しないことにしたんですのよ...」
と笑っている。
「黒豆だけはしっかり煮たんだけど...美味しく出来てるかしら」
うん、いつもの味。美味しいです。
妻がちゃんと持参した空のタッパーウェアにお土産代りに詰めさせてもらって
しっかり持ちかえることにした。

兄夫婦と一緒に近くの神社まで歩いてお参りもして、まだ陽が残っているうちに出発。
逆方向は延々と渋滞している中央道を西に向かって、勝沼近くで一泊することにする。


0102韮崎から.JPG
正月二日、この日も晴天。
甲府市街を抜けて、韮崎辺りで振り返ると、市街地の先に富士。

0102まきば公園から.JPG
そのまま長坂~大泉と抜けて北に向かい、八ヶ岳山麓の「まきば公園」に今年も立ち寄ってみた。
雪は例年よりもずっと少なめで、路面にはほとんど残っていない。
途中の放牧地で羊の群れを眺めて、妻の実家にも顔を出し、
新年のご挨拶をして夕方に無事帰宅。

☆☆☆

実は今回、出掛ける直前にクルマに着けているポータブル・ナビを替えてみた。
3年前に手に入れたPanasonic製の「旅ナビ」という商品は
徒歩の旅行でもガイドブックとして使えるなんていう不思議な機能が盛り込まれていて
おもしろいものではあるのだけれども、さすがに地図データが2010年版のままなので
関東に仕事で出掛ける時などに新しい道が出てこないのがかなり不便になってきたのだ。

地図データの更新サービス自体はまだ提供されているけれども、1万円以上する。
信州で使っている分にはさほど不自由はしないので、
この機会に「旅ナビ」は妻の軽自動車に移設して、自分用に別のものを選ぶことに。


Navi入替2.jpg
必ずしも最新版でなければ駄目というわけではないのは、古い機種を使ってみてよくわかったので
今回は予算1万円以内で手に入る中古のGarmin製を選んでみた。
”2580Z Plus”という2012年頃の商品で、地図データは2014年版のものになっていた。

Garmin製にしたのは、ナビゲーション機器の考え方自体が
日本製のものとはどこか微妙に違うように思えて、
拡張性なども含めていろいろと興味が湧いてきたのが、まず一つ。
仕事で同社のオートバイ用のものを扱うことが多いので
独特のメニュー構成などを知っておきたかったということもある。

今回の旅行を通じて色々な場面でわかったことは
まずGPSの信号補足が速く、車両の向う方角・位置の変化にかなり俊敏に反応すること。
一方で、地図自体の表現はかなりあっさりとしていて、
市街地を走っていても周囲の商業施設などは基本的に表示されないので
常に白地図の上を移動しているような表示になる。
但し、そのシンプルな表現でも、脇を並行しているのが川なのか細い道なのか鉄道なのか、
といった必要な情報は判りやすく表示してくれるので、判断に迷うことが少なくなった。
その点では、日本製のナビは表示される情報が多過ぎるような気もする。


Navi入替.jpg
装着方法は、これまで使っていたホルダーを少し加工して
Garmin純正のクレードルを取り付けられるようにした。
電源は助手席前のグローブ・ボックスに設置してあるUSB充電器から。
1年ぶりにダッシュボード全体を分解して新しい電源ケーブルを通し直した。

2週間ほど使ってみて、「Garminの考えるナビのあるべき姿」的なものはかなり理解できた。
個人的には、やたらと案内音声の多い日本製ナビよりはこちらの方が好み。
ただ、しつこいながらも柔らかなトーンで案内してくれたPanasonic製と比べると
何かの警報を伝えるかのようなクールすぎる女性の声のトーンだけが気になる(笑



今年もどうぞよろしく!.JPG
こんな風に始まった2017年も、もう11日。
年々速さが増すような時間の進み方を、少しでもゆっくりとできるように。
一休さんではないけど、「慌てない」が今年のテーマです。


コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 12

mani

懐かしい名前!
2008年末にお世話になりました>富士クラシックホテル
朝御飯を食べている間に日が上るんじゃないかと
ヤキモキしたことを思い出します(笑)。
(結局日の出は8時を過ぎてからでしたね^^;)
裾野までくっきりの富士山も、山々の向こうの富士山もステキ。
富士山写真たくさんで、充電させていただきました♪

by mani (2017-01-11 21:58) 

harry

☆maniさんも泊られましたか。静かでのほほんとしていて良い所ですね。
 我々は時間も気にせず、のんびり朝日を拝んでから遅めの朝食にしました。
 多摩にいた時も富士は好きだったけど、
 間近で見上げる富士はやっぱり格別でした。

 今年もきっとのんびりペースのブログですが
 どうぞお付き合いくださいませ♪

by harry (2017-01-11 22:50) 

YASH

今年も黒犬家恒例の、穏やかな年始だったようでなによりでした。

国産のナビがサービス過剰気味なのは、自動車や家電からも
感じられるように、たぶん民族性でもあるんでしょうね。
設定でジャンル別に表示・非表示が選択できるのが救いですが、
うちのお値打ちなゴリ江さんでもそう感じます。
ただ、近隣にあるトイレの表示は、冬場のツーリングには便利です(笑)。
by YASH (2017-01-11 23:17) 

ナツパパ

富士山の堂々とした姿に魅了されます。
冬はクルマで出かけることが少ないので、
...とくに北や山の方には。
雪が少なかった今年はねらい目だったなあ。
いつかはぜひ!

国産のナビは本当におしゃべりで閉口します。
大切な事柄だけをアナウンスして欲しいのになあ。
設定の見直し、してみます。
by ナツパパ (2017-01-12 09:49) 

harry

☆YASHさん、日本人って相当にサービス精神旺盛なんでしょうね。
 というか、どうしたら人が喜ぶかを独自の方法論で掘り下げ尽くしてしまうという
 不治の病にどっぷり浸かってしまっているかのような。
 「あとはあんたに任せたよ」とでも言いたげな海外製品のしらっとした対応に
 冷たい気持ち良さを感じてしまうワタクシとしては、くすぐったいような、
 判ったけどお願いだからほっといて、という気分だったのです(笑
 でもトイレの場所が判るのは確かにいいかも...
by harry (2017-01-12 23:41) 

harry

☆ナツパパさん、今年の正月は富士五湖周辺だけでなく
 八ヶ岳の周遊道路も安心して走れる状態で、それに加えて空気も澄んでいて
 なんとも言えない気持のよさでした。
 元旦、二日あたりは道もそこそこ空いていて、いい旅ができそうです。
 皆さん、元旦からいきなりお買い物に出掛けちゃうみたいで
 「何もないけど景色のいい場所」は意外に空いているんですね(笑

 そういえば、東京だと電車に乗り降りする間もずーっと何かしら
 案内の音声が続きますよね。何のアナウンスもなく出発してしまう
 イギリスの列車にちょっと驚いたことがありましたけど、
 ある意味では他人を信用している社会なのだなぁ、とも思いました。
 面倒見が良過ぎるというのも、ちょっとね...ですよね(笑
by harry (2017-01-12 23:54) 

knacke

世間よりちょっと長めのお正月が終わりました。
にもかかわらず、まだ通常モードには乗り切れず・・・。(苦笑
とっても美しいキリリとした富士山ですね。
いろんな雑念(笑)が消えてなくなりそう。
黒犬家さんらしい穏やかできちんとした幕開け、
なんだか背筋が伸びます。
お正月のお料理までなんだか穏やかです。
今年こそ、地に足のついた?(笑)暮らしがしたいです。
by knacke (2017-01-14 15:48) 

harry

☆knäckeさん、ちょっと長めのお正月(笑)、楽しめましたか?
 何だか仕事してても平成29年とか、2017年とか、いまだに見慣れなくて
 とりあえず新しい年が始まっちゃったらしいけど、まだ「仮」なので...
 というような、宙に浮いたような気分が抜けないです。
 あ、ワタクシも足が地についてない?(笑

 そういう宙に浮いたような気分の年末年始に、堂々とした富士を観ていると
 なんというか地に足が付いている光景という気がしてほっとするんです。
 昔から富士山信仰というものがあるのも、よくわかる気がしますね。

by harry (2017-01-14 23:18) 

HIRO

こんにちは。
寒い中 乙でした。
周りに何もないからこその?星空や富士山なんでしょうね。
富士五湖周辺だと、インバウンドの方々が多いらしいので、賢い選択だったかも…とはいえ、今期最強寒波のお陰であの辺も大変な積雪が(哀)

ナビの考え方は、日本と外国では違いますよね。
最初の頃の向こうのナビは、地図も無しで、進むべき方向を矢印で示すだけって、超シンプルなものもありましたが(爆)
by HIRO (2017-01-15 10:50) 

harry

☆HIROさん、こんばんは。
 思い返してみると正月は今よりずっと暖かったんですね(笑
 この寒気に凍える気分だと、富士山もなんだか絶壁のように見えて。
 その暖かさの割に、夜の空気の澄んだ感じはとても素敵でした。

 日本製のナビって、TVのような「総合的な情報端末」を目指してるような
 気がしてきますね。ドライバーは自分で判断して運転するのに集中させて
 方角だの距離だのはナビが補助してあげる、っていうくらいで
 十分なような気がしてます。
 そういう点ではGarmin製はいい線行ってると思うんです。
by harry (2017-01-15 22:51) 

FTドルフィン

富士山、大行進!

歳もとって、寒さは身にしみるけど
冬の空気感が、やっぱり好きだなぁ

最近、印刷物の地図をすっかり見なくなりましたが
表示されてる情報的にあのノウハウが
デジタル地図に生かされてないような気がします。

富士山麓はいいですね!
そして、富士山が見える地域に生まれ育った幸運を
最近感じています。
(うわぁ、なんかオッさんくさい。。。www)

by FTドルフィン (2017-01-19 06:08) 

harry

☆FTドルフィンさん、やっぱり富士山は冬、ですね!
 この年末年始は本当にすっきりとして凛々しい富士でした。
 今週と比べたら、お正月はずっと暖かったんですけどね。

 自分はPCでGoogleの地図を見るのが結構好きなんですけど
 縮尺に応じて道の太さを変えて表現する技術が
 こういうポータブルナビでも、もっと上手に活用されたらいいのに、
 と思ってました。
 今回のGarmin製は、その点結構良く出来てる気がします。

 それにしても富士山の近くに出掛ける度に思うのは
 こんな絶景を普段の景色として眺め続けていたら、
 特に感動のない日常の風景になっちゃうのかな...という素朴な疑問(笑
 条件が揃った時に綺麗に見える、っていうくらいが良いのかも、ですね。
 
by harry (2017-01-20 00:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。