So-net無料ブログ作成

車窓から。 [景色]

MtFujiScheme.jpg
暮れの富士-1.JPG
一年間の仕事も終えて一区切り、何も予定の無い1日を過ごしてから
翌日にまた富士を目指して出掛けた。暮れの12月30日。

今回も富士山周辺で一泊。
前回は静かな環境が気に入った「富士クラシックホテル」、
今回はゆったりと、ほんの少し豪華に食事と温泉を楽しみたいという妻のリクエストもあり
河口湖畔の高台にある宿へ。


暮れの富士-2.JPG
今回の足は秋の終りに我が家に来たばかりのミニオ君=2011年式Mini One。
暮れに富士山を目指す人はそれなりに居るかと思ったのに
道中はすれ違うクルマも少なく、
少し南へ伸びた中部横断道の六郷ICで下りて、本栖湖まで一気に駆け上がると
五千円札の絵柄のような富士山が正面に。

普段乗っているルノーと比べると、堅く締まった脚回りとかなり低く感じる重心のおかげで
高速道路での重厚な安定感はなかなか。
マニュアルでシフトしながらタイトコーナーを駆け上がるような場面での
運転の楽しさはこのクルマならではものだと思った。
そういう場面ではクイックなステアリングもとても良い印象。
奥に進むにつれて曲率が大きく曲がり込むようなカーブでも、
手首を少しひねり込むだけで向きを変えてくれる俊敏さがある。

空いているように見えた国道139号線も鳴沢辺りから河口湖方面に向かって急に混みだし、
進路を変えて西湖廻りで河口湖の東の湖畔へ。


美味しさいろいろ。.jpg
宿の食事はなかなか素晴らしかった。
食べきれないような量ではなく、一品一品に創意工夫があって
食べ終わるのが惜しいと思えたほど。

温泉で身体を柔らかくして、仕事のことを一時の間全て忘れた。


かりそめの。.JPG
あけて大晦日。
年末年始の旅行は、一年のうちでこの時だけ
先の予定や仕事の約束や、やらないといけないのに手を付けていない事の後ろめたさ
などというも諸々のことを頭から追いやって過ごす貴重な時間。

誰が乗って、何処に行くのだろう...
などと片隅で考えながら、実際にはワタクシの頭の中は
まな板の上で水が切れるのを待って放置されている木綿豆腐のようになっている。


凶だったけど。.JPG
十分に身体と頭を休めて、実家へ。
母は相変わらず元気で足腰もしっかりした様子でほっとした。
静かに「ゆく年くる年」を眺めながら新年を迎えて、
翌朝、元旦はいつものように兄夫婦もやってきてお参りも。

それにして暖かな正月で、風も穏やか。
地元の神社も何時になく人が多く賑わっていた。



まきば公園にて。.JPG
元旦の午後に実家を出て甲府市内に一泊、翌日も快晴。
広域農道経由で閑散とした清里駅をかすめて、さらに標高が高い「まきば公園」へ。

例年なら多少は雪が積もっているこの時期なのに
今年は路肩にかろうじて残っている程度。
標高1400mというだけあって、空気が澄んで空の青さが違う気がする。
施設を管理している人に感謝しつつ、地元のお菓子をいろいろと買い込んで。


八ヶ岳くっきり。.JPG
雪がほとんどない鉢巻道路をぐるりと西へ進み、
八ケ岳中央農業実践大のグラウンドの脇をかすめて原村から茅野市へ。
エコーラインからの八ヶ岳は鋭く険しい山肌がくっきり。


茅野市から。.JPG
妻の実家のすぐ前からも、八ヶ岳はこんな風にくっきり。
実家の皆さんも変わらず元気そうで、何より。
いつものようにお節と美味しい寿司をご馳走になり
一休みしてから新しい年の我が家へ。


八ヶ岳とミニオ君。.JPG
こんな風に、また新しくページをめくるような気持ちで
2018年の暮らしが始まったのでした。


コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 14

FTドルフィン

強い冬型の風で
富士山がカラッとしてますw

ミニオ君は、走りの味も
昔のミニを再現している様で
運転してみたくなりました!

新年のこの旅は
いつ見ても、、、いいなぁ〜

by FTドルフィン (2018-01-11 06:43) 

knacke

冷たい空気が伝わってきます、キリリ綺麗!
やっぱり冷たい季節の風景はいいなぁ。
かわいい車で年末年始のゆるり旅、とても贅沢ですね。
今年もきっと、素敵ゆたーり生活、楽しみにしています♪
by knacke (2018-01-11 17:24) 

HIRO

こんにちは。
寒い中 乙です。
良い年末年始だったみたいで何よりです。
寒波襲来で、ウチの田舎の山口や、去年ロンバケで行った高千穂が雪景色なのにはびっくりです。
by HIRO (2018-01-11 20:53) 

YASH

どちらのクルマで出かけても、
それぞれの個性で運転を楽しめるのはいいですね。
うちの片方は貨物だもんなぁ。。

いつものように穏やかな休暇でなによりでした。
山の写真はどれもキンと冷えた空気が感じられますが、
意外に雪は少なかったんですね。
電熱フル装備だと、こういう場所でも平気なのかな、なんて
見てましたよ。

by YASH (2018-01-11 21:37) 

harry

☆FTさん、今回は富士の山肌が確かにカラッとして見えました(笑
 白雪でしっとり固まった富士も素敵だけど、
 細かな表情が見えて、なかなかでした♪

 ルノーはこちらが疲れている時はそれに合わせて包み込んでくれる
 ような柔らかさがあるんですが、ミニオ君は疲れ自体を忘れさせて
 くれるような、明るい元気さがあるんです。
 楽しかったですよ。

by harry (2018-01-11 23:51) 

harry

☆knäckeさん、ほんとにこの冬は連日キリリすぎて
 鼻の周りの皮が剥けて来て、痛いです(笑

 やっぱりね、この時期のキーンとした空気と険しい山、
 っていう組み合わせが好きなんです、ワタクシ。
 この世界の成り立ちの奥深さに比べれば、人間一人の苦悩なんて
 たいして意味も無い...なんて思える瞬間が好きなのであります。


by harry (2018-01-11 23:56) 

harry

☆HIROさん、こんばんは。
 おかげさまで今回も穏やかで楽しい旅でした。
 
 この冬は、ちょっと意外な方面で雪が多かったみたいですね。
 我が家周辺はまだ一度も雪かきもしていなくて、
 ただひたすら寒さだけ...となんだか妙な気分です。

by harry (2018-01-11 23:58) 

harry

☆YASHさん、今の2台はほぼ同じ大きさなのに性格は随分違ってて
 それでもワイパー・ウィンカーの位置などは一緒(国産車とは反対)
 という、比較するにはとても面白い組み合わせなんです。
 妻もルノーにちょっと乗ってみて「椅子が柔らかい~♪」って。

 そう、この冬は今のところ本当に雪少なめなんです。
 日陰とか坂道は凍結防止剤で黒く湿ってましたけど
 幹線道路を辿るだけなら何処でも行けそうですよ♪

 で、電熱フル装備になっちゃったんですか?(笑

by harry (2018-01-12 00:05) 

ナツパパ

ご無沙汰しました。
毎年の、この帰省の記事を拝見するのが楽しみです。
ゆっくりと過ごす時間がうらやましいです。
本年もよろしくお願いいたします。
by ナツパパ (2018-01-14 10:08) 

rascal

電熱セミ装備になっているラスカルです(笑)
でも、冬のツーリングに付き合ってくれる人も少なくなり、なかなか電熱ウエアーの出番は無いですね。

車を持たない生活もまもなく10年に近づこうとしています。
先日も車を借りて出掛けたのですが、移動の道具という感じがしてワクワクとか無かったなぁ。
車に乗って楽しめるというのは羨ましいですよ。




by rascal (2018-01-14 14:56) 

harry

☆ナツパパさん、本年もどうぞよろしくお願い致します。
 年々時間の過ぎるのが速く感じられるようになってきて
 自分にとっても、この年末年始の数日間は本当に貴重な時間なんです。
 何も慌てる必要が無いと思うと、いろいろなものが見えてくるもの
 ですよね。そんな平静な気持を忘れないようにしたいな、なんて。

by harry (2018-01-15 22:46) 

harry

☆ラスカルさん、悔しいけど歳をとるにつれて寒さを我慢してまで
 オートバイ乗らなくてもいいかな、なんて思うようになって。
 こちらだと、何処へ行くにも道路が融雪剤で真っ白なので
 とても乗る気になれないというのもあるんです。

 自分も都内に居る時はクルマを楽しむのは無理!って思ったなぁ。
 信号も少なくて渋滞もあまりないこちらに来てから、クルマって
 本当に便利で楽しいものだと思うようになったんですよ。

 
by harry (2018-01-15 22:52) 

mani

ウチも年末はバイク旅にしていたのに、
いつの間にか車や電車に……。
まぁ我慢することもないですよね。

お宿が楽游っぽくてドキドキ……

今年もどうぞよろしくお願いします^^
by mani (2018-01-16 10:21) 

harry

☆maniさん、こちらこそ本年もどうぞよろしくお願いします♪

 そういえば我が家も多摩にいた頃はバイクだったんですが...
 楽しめる環境にあったら、やっぱりクルマの旅も楽しいですしね。

 宿はご明察!お子様NGというお話だったんですが、意外なことに
 年末に泊っているのは若者カップルが多かったです。不思議。
 食事は本当に素敵でしたね。

by harry (2018-01-16 22:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント