So-net無料ブログ作成
検索選択
旨かったもの ブログトップ
前の10件 | -

山のパン屋さん。 [旨かったもの]

MysticSunset Scheme.jpg
パン屋さん1.jpg
仕事場は塩尻市にあり、松本の市街地まで出掛ける用事がたまにある。
国道を淡々と走っていれば間違いなく着くのだけれども、渋滞しがちであまり好きじゃない。

そんな時、東側の山の麓を走る県道63号ー通称「山麓線」をよく走る。
信号は少なく、適度にアップダウンがあり、所々で盆地全体を見渡す素敵な眺めが拡がる道。

最近通った時に、ふと道端に「○○パン商店←」と書かれた素朴な手作り風の看板を見かけた。

今どき「パン商店」とは?


nice!(16)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昭和の香り。 [旨かったもの]

Sunset scheme.jpg


バイクは楽しい!.jpg
週末は大きなイベントの開催で、てんてこ舞い。
でも大勢の人が楽しんでくれたようで、こちらもちょっと嬉しい。
試乗車を借り出したり、会場の配置を考えたり...
庭園のイベントを何度か経験していたのが少しは役に立ったかな。

難しそうな顔をして展示車両に跨っている人も
静かに話しかけてみると意外なほど反応が良かったり。
話をしたいこと、考えていることは、皆たくさんあるはず。
何でも吸い込むスポンジにでもなったつもりで、ひたすらいろいろな人の話を聞く。
そういうのは、結構好きなのだ。

働いた後には昭和なラーメン...


nice!(12)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ラーメン・デート。 [旨かったもの]

Sunset scheme.jpg


1129ramen.jpg
以前はラーメンという食べ物にほとんど興味がなかった。

相棒と散歩するようになってから、じゃないだろうか。
寒い時に胃袋からじんわりと暖まる感じも好きだし、
たった一杯のお椀だけで(大きいけど)、妙に満ち足りた感じがして
そこでいきなり終わってしまうあっけなさも好きだ。
思い立つと、どうにも食べずに居られなくなる中毒的な魅力も不思議。

実に様々なラーメンが世の中至る所にある。
特別に旨くなくてもいい。食べるということを楽しめれば。
でも、今食べたい!と思い浮かんでしまった一杯と違う雰囲気のものは、
いくら旨いことがわかっていても食べる気にならなかったりする。



そう、イメージを必要以上に膨らませながら店に向かうのが楽しいのだ(笑


nice!(15)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

うどん写真集。 [旨かったもの]

Woodland scheme.jpg
第一回、ざるうどん.jpg
四国にお住まいのCL400仲間のmoriさんから、手作りの素敵な部品と
それに輪をかけて素敵なお土産を一緒に送っていただいた。

それは、うどん!





本場の空気と一緒に届いたわけです。


nice!(14)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いつも見に来ていただき、ありがとうございます。 [旨かったもの]


気が付いたら、こんな数字に。
いただいたコメントへのお返事もすっかり遅くなってしまって、ごめんなさい。
皆さんからの言葉を励みに、何とか頑張っております。
仕事の山も、もう少しで越えられそう....



というわけで、御礼の気持ちを込めて。
最近の「旨かったもの」小特集。

鏡割りをしなきゃ...なんて言ってたら相棒の作ってくれたお汁粉。
さらさら具合が、たいへん美味でした。

続きを読む


nice!(12)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

その5 - 英国での食事、後編。 [旨かったもの]


郊外を走っている。お腹が空く。何か食べよう、と思う。
でも、道路はなめらかに流れていて、なかなか食事のためにだけ車を止めようという気分になれない。
深い緑、ゆるいカーブとアップダウン、快晴の空....
そのうちに、どうにも我慢が出来ないくらいにお腹が空いてくる。
全身が、そのぽっかり空いた隙間を埋めて欲しいと訴えている。
ぐう。。
あっ、

続きを読む


nice!(12)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

その4 - 英国での食事 part 1 [旨かったもの]


「イギリスって、食べ物不味いらしいですね...」
よく聞く話だ。
以前、仕事で出掛けて、車での移動中にとりあえず見つけたドライブインで
随分なものを食べさせられた記憶がある。
"Chicken steak"なんて言って、出て来たのは
「粉砕した鶏肉を何かの粉と一緒に固めて衣を付けて揚げた塩辛い煎餅状のもの」
と「食べきれない量の事務用糊のような食感のマッシュポテト」だった。
こういうことだったのか...と涙にくれたことを思い出す。
でも、それで「英国人は不味いものを平気で食べている」と結論付けていいのだろうか?
我々も、車で移動中に「えいやっ」と飛び込んだ「お食事所○○○亭」なんていう店で、
悲しみを誘う食べ物を食べさせられたことがあったのではないか?

続きを読む


nice!(13)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

半年に一度の... [旨かったもの]


今の仕事で海外からの商品の輸入でお世話になっている輸入商社の方から
新年会のお誘い。
聞くと、青山の一等地に先方の関係会社社員のための飲食施設(接待施設?)があって
「しゃぶしゃぶ食べ放題が3,500円から、なんですよ。行きましょうよ」(!)
とのこと。
引越しの準備が如何に迫っていようと、こんなステキなお話を断る理由はない(笑
ここ何年かずっとお世話になりっぱなしの先方のお二人、
ワタクシの会社の貿易担当をしていた元同僚二人、それとワタクシ、の計5人(うち女性2人)
で、いそいそとその秘密めいた場所へと集まったのだった。

続きを読む


nice!(13)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

伊達巻と私。 [旨かったもの]

物心がついた頃から伊達巻が好きだった。
正月といわず、売っていれば何時でも母にねだって
端の部分は誰にも譲らずに食べていた。
嫌いな食べ物は?と訊かれても、苦手なものがほとんど無いので困ってしまうのだけれども
好物は、と訊かれれば、それは伊達巻だ。
この歳になっても、変わっていない。


「紀文」の伊達巻は、甘くてふかふかと柔らかい。大きさは小振りだ。
伊達巻が登場するたびに母や兄の分まで奪い取りながら、私は大きくなった。
私が大きくなるのにあわせて、伊達巻のサイズがある年のお節から大きなものに変わった。

ああ、こんなに大きな伊達巻がこの世にあったなんて!

しかし...
ずっと「紀文」の伊達巻こそが伊達巻だと信じて、すくすくと何の悩みも無く育った私にとって
老舗の蒲鉾屋の作る本格的な伊達巻は、ひどく違和感のある「魚臭い」伊達巻だった。
誰もが経験する思春期の憧れ&夢と、大人の世界の現実とのギャップ。。

混乱する気持ちのまま、何本かの「大人の」伊達巻を胃袋に押し込み
やがて私はソレを美味しいと感じるようになった。
大人になったのだ。


10年ほど前。
中米から2年ぶりに帰ってきた無職の私は、政府が積み立ててておいてくれた生活費で
目に止まったスクーターを買った。Piaggio CosaⅡ。200ccでハンドチェンジの新世代のVespa。
(↑自分の乗っていた物の写真は残っていなかったので、失礼して海外サイトから拝借しました)

新しい乗り物を手に入れて躍る心を抑えられず、少し何処か遠くに足を伸ばしたくなった。
季節は、冬。何か遠出する目的が欲しい。
「よし、伊達巻を買いに、小田原へ行こう!」
新しい乗り物に跨って眺めた1月の相模湾は美しかった。

今でも「紀文」の伊達巻なら一年中売っている。
でも、やっぱり冬に食べてこそ、旨いのだ。

久々の伊達巻に、意味無くセンチメンタルな紀文....ゃなくて、気分(笑


nice!(11)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - 旨かったもの ブログトップ