So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

出口は大事。 [惹かれる品々]

麦畑スキーム2。.jpg
30年選手。.jpg
どういうわけか春が近づいてくるとヘッドフォンで音楽を聴きたくなる。
今年のきっかけは、以前から横目で眺めていた北米KOSS製のベストセラー、
Porta Proのベージュのモデルがいつの間にか半額近くで売られていることに気がついたことだった。

標準モデルの発売開始は1984年らしいから、もう30年以上も造り続けられていることになる。
1980年代のKOSSといえば、音質そのものよりは強烈に重たいベージュ色のボディが特徴の
スタジオ専用機器がメインというイメージだった。
1982年公開のオリジナル版「Blade Runner」の舞台になった2019年のロス・アンジェルスの
じとじとと暗い街並みにはPAN-AMやATARIなどと並んでKOSSのネオンサインが光っていて
その後に何度か見直す度に「ああ、こういう北米の会社もどんどん消えていくんだなぁ...」
などと思っていたのに、意外に今でも元気なのはちょっと嬉しい。

30年以上もほぼ同じ仕様で造り続けられているのは、
ひとえに「くっきりと元気で楽しい音がする」というわかりやすい理由からだろうと思う。
解像度とか原音の再現性がどうこうと言う以前に、とにかく明るくて歯切れが良い。

とはいえ、こういう開放型の造りなので、音漏れも盛大。
隣で寝息を立てている人がいる時などは、やはりカナル型のイアフォンを使うことになる。
ここ数年枕元に置いてあるUltimate Ears製のUE350というモデルは結構気に入っていたのだけれども
ちょうどベージュ色のPorta Proが届いた頃に、断線なのか片側がほとんど鳴らなくなってしまった。
予備にUE200という廉価版ももっていて、これはこれで素直な音がして良いのだけれども
今聴きたいのは吉田美奈子氏の1976年録音の「FLAPPER」というアルバムのリマスタリング版で
こういう音源には素直すぎてあまり合わない。
そう、イアフォンにも当然ながら音源との相性がある。
それに加えて、いい音かどうかというのは、個人的な好みにも大きく左右される。


今風の音。.JPG
久々に今手に入るイアフォンをいろいろと眺めてみると
超高級品と2,000円未満で手に入る商品が極端に増えたように思う。
今回は安価でそこそこ評判の良いものを試してみることにして
Philips製のSHE8100というものを選んでみた。購入金額は1,900円。

値段からは考えられない位、このイアフォンはかなり良く出来ている。
'70年代のStevie Wonderや山下達郎などを聴いても、録音し直したのかと思うような鮮明さで
音域のバランスも偏りがあまりなく、音場感も広めで風通しがいい。
こういうのを手に入れてしまうと、再生機器なんてこれで十分、と思ってしまいそうになる。
細かな音の分離も明快で、ちょっと古い録音の曲が違う表情を見せてくれる。
2週間ばかり、ひたすらこれで音楽を楽しんだ。


素直な音。.JPG
ふと素直な音のUE200に戻ってみると、ちょっと不思議な感覚があった。
SHE8100はとても鮮明ですっきりとしているのだけれども
何処か人工的な音を聴いているような感じが抜けないのだ。
例えて言うなら、Canon製の売れ筋のデジタル・コンパクト・カメラで撮った風景写真のような感じ。
曇っていたはずなのに、そこそこ天気が良かったような爽やかな風景になってしまっている。

Philipsという会社の社風なのか、音響機器メーカーの商品ならまた違うのだろうか...


医療機器風。.JPG
対極にありそうな商品を試してみたくなり、もう10年近く前の製品が売れ残っているの見つけて
つい数日前に手に入れたのが、このBeyerdynamic製のDT60 Pro。
2008年の発売からしばらく1万円以上で売られていたモデルだけれども、購入価格は4,000円。

それにしても「肌色」としか言いようのない色合いで、なにやら医療機器のようにも見える。
販売されていた頃は「低音よりでやや籠った音」というような評判で
価格が高めだったせいか、全く人気が無かったように思う。
このイアフォンの特徴は、我が家にある他のBeyerdynamic製品にも似て
音域として重低音がちゃんと再生できるということ。
20Hz以下の極く低い身体に直接伝わるような低音が仕込んであるような曲を聴くと
普通のヘッドフォンやイアフォンではほとんど伝わってこない何とも言えない刺激が
このイアフォンでは伝わってくる。
それでいてヴォーカルが奥へ引っ込んでしまうようなことはなく、
いわゆる「ズンドコ調」ではないのが貴重なところだ。


よく出来てる。.JPG
やっぱり音響機器メーカーの製品は面白いものがあるなぁ...と思いつつ
大事にしまい込んであるワタクシにとっての一番のイアフォンを引きずり出してみる。
Sennheiser製のCX95 Styleというモデル。2007年頃の発売。
これも発売当時は1万円以上で売られていたのを、もう店頭から消えてしばらくしたころに
5,000円少々で手に入れたのだった。
高額で売られていただけあって、かなり工夫されたケースがちゃんと付属している。


これが一番。.JPG
このイアフォンは、音の響きが自然で、かなり広い音域がバランスよく再生できて
特に気になる癖が無い、というのが一番の美点。
気になる癖が無い、というのはなかなか難しいのだ。たぶん。
ちょっと奇妙な形をしているけれども、ちゃんと耳の凸凹を避けて気持ち良くフィットするし
コード類の造りも良い。

こうして広げてみたイアフォンをとっかえひっかえしながら聴いてみても
このCX95の自然さに勝るものはないし、
効率も良いようで再生機器のボリュームも小さめでしっかり鳴る。
こんなことなら5,000円少々で見つけた時にもう一つ予備を買っておくべきだったかな...
などと一瞬思ってしまったりもするけれども、
こうして何個も違うものを手に入れて試してみる楽しみも捨てがたいので、これでいいのだ。
またこれは大事にしまって、手に入れたばかりの
医療機器風のDT60 Proを楽しむことにしようと思う。


庭の草花が一気に色づいてきて、冬景色とはまた違う楽しさであります。


春の夕暮れ。.jpg

コメント(8) 

コメント 8

HIRO

こんにちは。
イヤフォンも数年前に持っていたのが壊れたので、お江戸まで行って、揃っている所で、”聴き比べ”したこともあります。
メーカーや国産&外国製とそれぞれ色んな特色があって、合う合わないとかの沼に…(爆)
とは言え、自分も高いのには中々手が出ずに、押さえの廉価版?でそこそこのモノで妥協したりで、難しいですね。
by HIRO (2018-05-03 07:08) 

YASH

私の耳ってなぜかカナル型が合わなくて、
先端を替えたり耳たぶの上にコードを回したりしても
なんか収まりが良くないんです。
そういう身からすると、興味深い世界がいろんな所に
あるんだなあ、なんて思いましたよ。

ところで全然関係ないんですが、harryさんところの写真は
ネガプリントみたいな趣きがあるなと、ふと気が付きました。
blogの雰囲気とも合って、いい感じですね。
あるいはそういう方向に振ってある、とか?
by YASH (2018-05-03 22:09) 

harry

☆HIROさん、こんばんは。
 実は自分はこういうものを買う時に真面目に聴き比べをしたことは
 ほとんど無くて、買う時はいつも直感なんです(笑
 で、家でいろいろと聴き込んで行くうちに、
 また違うものに興味が湧いてきて...という沼に(笑
 そこそこの値段で十分面白いものが楽しめるという点では
 今はなかなか良い時代なのかもしれないですね。

by harry (2018-05-03 23:11) 

harry

☆YASHさんもPhilipsのSHE9700でしたっけ、持ってましたよね。
 自分もあの耳の穴に入る部分の素材が、もっと何とかならないかな...
 なんて、ずーっと思っているんだけど、そうそう画期的なものは
 出てきそうにもないですね。
 
 写真は、結構地味に加工しているんです(笑
 ここのブログでは大きくてもワイド540ピクセルまでに抑えているので
 ただ縮小してしまうとなんだか硬い雰囲気になっちゃうんですよね。
 最近は周辺光量を落としたような雰囲気にするフィルターとか
 ちょっと粒子を荒くしたりして、試行錯誤中なのであります。
 少しでも想像力が膨らむようなものになったら良いんだけど...
 なんてね。

by harry (2018-05-03 23:27) 

knacke

ヘッドフォンもイヤフォンも、難しいです。
ヘッドフォンは頭がいたくなって、
イヤフォンは、ぴったりなのがなかなかなくって。
harryさんのお持ちの物は、どれもデザインが美しいですね。
お庭も四季折々、とても美しいです。
by knacke (2018-05-07 11:18) 

harry

☆knäckeさん、どちらも耳にはめたり押えたりするものだから
 なかなか快適な物って見つけるのが難しいですよね。
 性能ももちろん大事なんだけど、性能が良くてガチガチの
 ハイテク・ロボットみたいになっちゃうのは嫌だし、
 できるだけ長閑でシンプルな外観のものから選びたいと思ってます。

 この時期の庭は毎日の変化が大きくて楽しいです♪
by harry (2018-05-07 20:05) 

barbie

コートを着ない時期になり、イヤフォンのつながったiPhoneを持ち歩くのが億劫で・・・ついに耳からうどんに手を出してしまいました^^;


by barbie (2018-07-11 23:54) 

harry

☆barbieさん、こんばんは。
 そうそう、最近はbluetoothのものが一気に増えてますよね。
 耳からたらーん....って(笑
 あれって、片方だけ無くしちゃったりしないのかと心配しちゃいます(笑

 
by harry (2018-07-13 23:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント